ビューティーオープナーの店舗の極秘情報を公開!初回半額以下の販売店はココ!

【最新情報】

 

ビューティーオープナーの注文多数のため、キャンペーン終了間近!

 

定期しばりなし&サンプルセットつきは公式サイトだけ!

 

>>すぐに初回65%OFFでお試しできる公式サイトを見る

 

 

国内売上ナンバーワンの卵殻膜美容液、ビューティーオープナー。

 

買うなら出来るだけ安価な店舗で購入したいですよね。

 

公式販売店のオージオに確認してみると、現在はビューティーオープナーは市販店舗は存在せず、公式サイトのネット通販が最安値とわかりました。

 

薬局、ドラッグストアなどの店舗での取り扱いは?

 

公式販売店に電話確認する前に薬局、ドラッグストアといった店舗、ドンキなどのバラエティショップ系の販売店などをチェックしてみました。

 

その結果、ツルハドラッグやマツキヨ、スギ薬局、サンドラッグ、カワチ薬局、ココカラファイン、ウェルシア薬局、トモズ、すずらん薬局、クリエイトといった大手の薬局やドラッグストアでは取り扱っている店舗はありませんでした。

 

あとドンキ、プラザ、ロフト、東急ハンズ、ランキンランキンなどの大手のデパートでも確認しましたが販売店舗はなく、ビューティーオープナーを市販している店舗はないということがわかりました。

 

オージオ化粧品の直営店舗は?

 

電話で確認する前に、ビューティーオープナーの店舗をネットで情報収集してみました。

 

ウィキペディアを見たところ、沿革部分に直営の販売店が存在するといった記述がありました。

 

一応ウィキペディアに記載されていたオージオ化粧品の沿革部分を紹介します。

 

☆平成10年 化粧品関連の通販がスタート

 

☆平成12年 株式会社オージオ、埼玉県上尾市に設立

 

☆平成20年 OZIO GINZA(オージオ銀座)がオープン

 

この、「オージオ銀座」について確認したところ、現在は事務所となり、店舗営業はしていないとの回答でした。

 

つまり、オージオ化粧品は電話とネット限定の販売ということがわかったんです。

 

ビューティーオープナーは電話とネットではどちらがお得?

 

比較した結果、ネット通販の方がお得だと判明しました。

 

ビューティーオープナーを電話注文すると?

 

☆単品購入は税別で5,800円

 

☆定期コースは1本4,466円で、電話の場合はネット購入の初回限定65%OFF(1,980円)は適用なし

 

以上の通り、電話とネットを比較すると断然ネット通販がお得と言えます。

 

公式サイトのネット通販のメリット

 

@会員ランクがアップすると割引がある

 

A新作サンプルをプレゼントしてもらえる

 

@についてはオージオ化粧品の定期便を継続すると、割引率が上がっていきます。

 

リピートする程お得になり、経済的なんですね。

 

Aのサンプルは定期便を続けると、他のオージオ製品の新作がもらえたりするんです。

 

結論!公式サイトのネット通販がやっぱりおすすめ。

 

定期キャンペーン特典は以下の5つです。

 

@初回限定で65%オフの1,980円

 

A2回目以降も23%オフの月々4,466円

 

B送料はずっと無料

 

Cいつでも変更や休止が可能

 

Dお試しサンプルセットがもらえる

 

このキャンペーンは期間限定なので、興味がある人は早めに公式サイトを確認してみてくださいね。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深刻な乾燥肌に頭を抱えているなら…。

 

「黒ずみをどうやっても改善したい」と、オロナインを使った鼻パックでケアしようとする人が多くいるようですが、これはかなり危険な手法です。毛穴が大きく開いたまま元の状態に戻らなくなるおそれがあるからです。
透き通るような白い肌は、女の子なら例外なく憧れるものです。美白化粧品と紫外線ケアの合わせ技で、年齢に屈しないフレッシュな肌を実現しましょう。
ニキビが生じてしまうのは、ニキビのもとになる皮脂が過度に分泌されることが要因ですが、無理に洗いすぎると、肌バリア機能をもつ皮脂まで除去することになってしまいますから、あまりよくありません。
念入りにケアをしなければ、老化から来る肌の衰えを防止することはできません。手すきの時間に真面目にマッサージを実施して、しわ予防を実施していきましょう。
美白用のスキンケアアイテムは、ネームバリューではなく有効成分で選びましょう。毎日使用するものなので、肌に有用な成分がしっかり盛り込まれているかを見極めることが大事になってきます。
10代の頃はニキビが最大の悩みの種ですが、年齢を重ねるとシミやほうれい線などが最大の悩みの種となります。美肌を保持することは楽に見えるかもしれませんが、実際のところ極めて困難なことだと言って良いでしょう。
顔にシミができてしまうと、急に年を取ったように見えるものです。頬にひとつシミができただけでも、実際よりも老けて見えてしまうものなので、徹底的に予防することが重要と言えます。
「顔や背中にニキビがちょくちょく発生する」という人は、連日利用しているボディソープが合っていない可能性があります。ボディソープと洗い方を変えてみた方が良いでしょう。
肌の腫れや発疹、シミ、ちりめんじわ、ニキビ、黒ずみなど、多くの肌トラブルの要因は生活習慣にあると言えます。肌荒れを阻止するためにも、ちゃんとした暮らしを送ることが大切です。
深刻な乾燥肌に頭を抱えているなら、生活習慣の見直しを行いましょう。それから保湿力に長けたスキンケア商品を使用し、体の外と内の双方からケアしましょう。
若い時期は日焼けで真っ黒になった肌もきれいに見えますが、年齢が増えるにつれて日焼けは無数のシミやしわといった美容の大敵になりますので、美白専用のコスメが必要になってくるのです。
「皮膚の保湿にはいつも気を遣っているのに、どうしてなのか乾燥肌が回復しない」という人は、スキンケアコスメが自分の肌と相性が悪いものを使っているおそれがあります。肌タイプにぴったり合うものを使うようにしましょう。
汚れを落とす洗顔はスキンケアのベースになるものですが、適切な洗顔方法を知らないという人もかなりいます。自分の肌質にうってつけの洗浄方法を学習しましょう。
敏感肌のために肌荒れがすごいと考えている人が少なくありませんが、実際は腸内環境の変調が主因である可能性があります。腸内フローラを正常化して、肌荒れを治しましょう。
洗浄する時は、タオルなどで乱暴に擦ると肌の表面を傷つける可能性があるので、ボディソープをいっぱい泡立てて、手のひらを使用して力を込めることなく撫で回すかの如く洗いましょう。

 

 

美白用に作られたコスメは毎日使用することで初めて効果が得られますが…。

 

油を多く使ったおかずだったり砂糖が存分に使われた和菓子ばっかり食していると、腸内環境が劣悪な状態になってしまいます。肌荒れで悩みがちな敏感肌の人は、口に運ぶものを吟味すべきだと思います。
たくさんの紫外線が当たるとメラニン色素が産出されて、そのメラニンというのがある程度蓄積されるとシミに変化します。美白用のスキンケア製品を使用して、早期に日焼けした肌のケアをすることをオススメします。
毎日の入浴に欠かせないボディソープは、刺激がほとんどないものを選択した方が賢明です。しっかりと泡立ててから撫で回す如くやんわりと洗うようにしましょう。
スベスベの皮膚を維持するためには、お風呂で体を洗う時の負担をできるだけ抑えることが肝要です。ボディソープは肌質に合致するものをチョイスするようにしてください。
肌が透明感というものとはかけ離れて、地味な感じに見えるのは、毛穴がぱっくり開いていたり黒ずみがあることが原因である可能性大です。適切なケアを取り入れて毛穴をきちんと閉じ、くすみのない肌をゲットしましょう。
若年時代は日焼けして黒くなった肌もきれいに思えますが、年を追うごとに日焼けは多数のシミやしわといった美容の天敵に変貌するため、美白専門のスキンケアが欠かせなくなってくるのです。
早い人であれば、30代前半あたりからシミのことで思い悩むようになります。小さ目のシミであればメークで目立たなくすることも可能ではありますが、真の美肌を目指すのであれば、早くからケアすることをオススメします。
女性だけでなく、男性の中にも肌が乾燥してしまうと参っている人は多くいます。乾燥して皮膚が白っぽくなると汚らしく見えるため、乾燥肌に対する入念なケアが必要です。
顔を清潔に保つための洗顔はスキンケアの基本中の基本ですが、効果的な洗顔方法を知らない方もかなりいます。自分の肌質にうってつけの洗顔の手順を理解しましょう。
思春期の間はニキビが一番の悩みどころですが、中高年になるとシミやフェイスラインのたるみなどに悩まされるようになります。美肌を作り出すことは易しいようで、現実的には大変根気強さが必要なことなのです。
年を取るにつれて肌のタイプも変化していくので、昔積極的に使っていたスキンケア品が合わなくなってしまうことがあります。殊に加齢が進むと肌のうるおいがなくなり、乾燥肌に変わってしまう人が多く見受けられるようになります。
すでに出現してしまったシミをなくすのは大変難しいと言えます。ですので初っ端から出来ないようにするために、常時UVカットアイテムを活用して、紫外線を浴びないようにすることが必要となります。
50代なのに、40代前半くらいに映る方は、さすがに肌がツルツルです。白くてツヤのある肌の持ち主で、当然シミも存在しないのです。
30〜40代以降になると毛穴から出てくる皮脂の量が少なくなってしまうので、だんだんニキビは発生しにくくなるものです。成人を迎えてからできる頑固なニキビは、生活スタイルの見直しが必要と言えます。
美白用に作られたコスメは毎日使用することで初めて効果が得られますが、毎日使用するものであるからこそ、信頼できる成分が使われているかどうかを判別することが不可欠だと言えます。

ページの先頭へ戻る